どの会社で建てるか

スーパー工務店の見つけ方

どの会社で建てるか

工務店の数は全国で1,600もあります。

その中から、自分に合った工務店を探すのは、とても難しいです。

高性能で、デザインも良くて、安くて、そんな工務店はあるのでしょうか?

とっておきの見つけ方を紹介します。

良い家を研究している民間組織がある

現在、民間の機関にて、良い住宅をつくるための取り組みが盛んに行われています。

そういった民間機関に登録し、技術をアップデートしている工務店は優秀なところが多いです。

どうせ家を建てるなら、優秀な工務店で家を建てたいですよね。

優秀な工務店が集まる代表的な民間組織を紹介します。

代表的な民間組織を3つ紹介

新住協(新木造住宅技術研究協議会)

新住協は「快適な省エネ住宅をローコストに供給する」を信条に集まった、工務店、設計事務所、ハウスメーカーによる技術開発集団です。

新住協の技術は特定の企業や団体に偏向することなく、すべて公開されています。そうすることで、誰もが良質な住宅を手にすることができると考えているからです。

全国800社以上の新住協会員は「快適な省エネ住宅」の普及を目指し、ユーザー向けの啓もう活動も行っています。

パッシブハウスジャパン(PHJ)

冬暖かく、夏涼しい家に住みたい。

世界レベルで本質的にエコな家です。

それがパッシブハウスです。

パッシブハウスは技術の高い専門家たちが、オーダーメードで一軒一軒を作り上げます。

構造塾(株式会社M’s構造設計)

プロ向けに、木造住宅の構造について、基礎的な考え方から実務に役立つ情報までを、分かりやすく解説しています。

工務店や設計事務所を中心として、各種メーカーや建材流通店、プレカット業者、各審査機関等々、幅広い業種の方々が参加しています。

素人向けに噛み砕いた内容をYoutubeチャンネル “「構造塾」木造住宅の耐震性能を本気で考える!” でも情報発信されています。

スーパー工務店の探し方 手順1 候補をリストアップする

新住協(新木造住宅技術研究協議会)の会員から探す

新住協のホームページから新住協会員を検索できるようになっています。

建築予定地の「都道府県/市区町村」などで検索してみてください。

人口の多い都道府県だと、20社、30社、と表示されます。

パッシブハウスジャパン(PHJ)の会員から探す

パッシブハウスジャパン(PHJ)ホームページの「建主の方」から「お近くのプロフェッショナル」へとお進みください。

建設予定地で検索してみてください。

「構造塾」家づくり応援・業社マップから探す

これから家づくりされる方にとって、かなり有益なものになっています。

工務店探しは、ここから始めるのもアリです。

まずは、こちらのホームページのマップから、建設予定地の地域をクリックしてください。

こういった形で、工務店のスペックが一目で分かるようになっています。

候補がたくさん出てくる

上記の3通りの検索によって、複数の候補が出てくると思います。

人口の多い都道府県ですと、それこそ数十社がヒットしてしまうかもしれません。

たくさんヒットして良かったと思ってください。

それだけ、良い工務店が多いと言うことですから。

続いては、リストアップされた候補からスーパー工務店に絞る方法をお伝えします。

スーパー工務店の探し方 手順2 ホームページの内容を読んで候補を3社以下に絞る

ここで、怖い話を1つ

上記いずれかの会員だからと言って、全てが良い工務店、良い設計事務所とは限りません。

業者とのトラブルに発展し、着工から3年以上が経過しても、家が引き渡されていない方も存在します。

まさに地獄を経験されている方も実在するのです。

ここから慎重に候補を絞っていきましょう。

施工エリア(車で1時間圏内)

まずは「施工エリア」です。

工務店や設計事務所は遠くの工事は請け負っていません。

そのため、会社から車で1時間圏内を施工エリアとしているところがほとんどです。

Googleマップを使って、建設予定地まで車でどれくらい掛かるか確認しましょう。

1時間以内ならOKです。

1時間以上なら対象外です。

これにより、半分以下に候補を絞ることができます。

ホームページをよ〜く読む

さて、ここからが、ちょっと大変な作業です。

候補となる工務店や設計事務所のホームページを確認しましょう。

ホームページが古かったり、イケてないな、と感じたら、中身を読まずに候補から外してOKです。

ネットのリテラシーが低いと考えられるので、危険です。

性能表示されているか?

最低限、以下の性能が約束されていないと「スーパー工務店」「スーパー設計事務所」とは呼べません。

・耐震等級3(住宅性能表示、許容応力度計算)

・断熱等級5以上(ZEH基準以上、HEAT20 G2以上)

・全棟気密試験(C値1.0以下)

上記が約束されていない工務店や設計事務所は全て除外して問題ありません。

自分の気になる条件が満たされているか?

家づくりのことを少し勉強していると、例えば、以下のような条件が考えられます。

・外観をカッコよくできるか

・パッシブデザインのノウハウは持っているか

・基礎断熱か、屋根断熱か、付加断熱か

・床下エアコン、小屋裏エアコンの実績はあるか

上記はあくまでも一例です。

自分のこだわりを持って候補を絞りましょう。

こだわりが強すぎると、逆に、候補が消えてしまうので妥協も必要です。

施工事例の更新頻度はどうか?

工務店や設計事務所のホームページには必ず施工事例が掲載されています。

それが、きちんと更新されているか確認してください。

施工事例はホームページの顔です。

それがあまり更新されていないなら、危険信号です。

ホームページの更新頻度が低いと言うことは、ネットのリテラシーが低いと考えられるので、経営能力に疑問符がつきます。

施工事例のデザインが気に入るかどうか?

工務店や設計事務所を絞るときのポイントは施工事例のデザインです。

自分の趣味と合っているかという視点で施工事例を見てみましょう。

自分の趣味に合わないと思ったら、候補から外しましょう。

SNSで情報発信はしているか?

Instagram、Youtube、X(Twitter)などで、積極的に情報を発信しているところもあります。

そういう工務店や設計事務所は大当たりの可能性が高いです。

いつか私のYoutubeで都道府県毎に情報発信を・・・

実際、このやり方で候補を絞るのって結構、大変ですよね。

なので、各都道府県毎にスパー工務店を探す動画を作って、私のYoutubeにあげてみようかな〜、なんて思ったりしています。

乞うご期待。

スーパー工務店の探し方 手順3 実際に会いに行く

直接行って、担当者と話す

ホームページの確認で候補を3つ以下に絞ったら、あとは直接会って色々話して、自分たちに合う工務店や設計事務所を探しましょう。

人間対人間なので相性もあります。

構造見学会、宿泊体験会、完成見学会

実際に建てた家、建てている途中の家を見に行くことは、とても大切です。

百聞は一見にしかず。

そういう機会があれば、必ず行くようにしましょう。

注意点

いくつか注意してほしい点があります。

1〜3年の待ちが発生します

スーパー工務店、スーパー設計事務所は、超人気です。

家を建てたい人が行列をなして待っています。

最大で3年とか待たされるところもあるそうです。

金額は安くない

スーパー工務店、スーパー設計事務所は、安くありません。

高性能かつ自由設計、それで安いわけがないです。

中には企画商品といって、間取りが決まっているけど安い商品もあったりします。

何を選ぶかは予算との相談になります。

2023年時点での金額の目安を掲載しておきます。

前提として、建物30坪で付帯工事・諸経費・外構工事込みの総額と考えてください。

・【松】4,500万円 超高性能、自由設計、素材や設備も高級に

・【竹】4,000万円 高性能、自由設計

・【梅】3,500万円 高性能、制約あり

理想の家を建てたいなら、4,000万円は覚悟しましょう。

施主は謙虚な心構えで

工務店や設計事務所に対して、横柄な態度を取ってはいけません。

一緒に家づくりをするパートナーとして、対等な人間関係を構築するイメージです。

相手の家づくりの流れに沿って、スムーズに進むよう、施主も全力で協力してください。

両者の歩み寄りがあって、はじめて良い家がつくれます。

人付き合いが下手な方は、注文住宅に向いていません。

公式LINEからご相談も受け付けています

今回紹介した方法では不十分な点も・・・

本当のところ、上記の探し方では見つけきれない工務店や設計事務所も存在します。

いずれの会員にも属していない、けれども、優秀な工務店、優秀な設計事務所というのは存在します。

その見つけ方は、ひたすら地道に探す以外にありません。

探すのが大変・・・

これを実際にやるとなると結構大変です。

そんな方のために、工務店探しのお手伝いをしています。

是非とも、「家はじへ相談」からご連絡をお待ちしています。