家づくりノウハウ

注文住宅を探す人のNG行動

家づくりノウハウ

注文住宅で後悔する人のうち、多くの人は最初に間違った行動をしています。

最初の動き方を間違えてしまうと、理想の家は建たないです。

断熱性能も低く、気密施工もされず、夏は暑く冬は寒い家になる可能性があります。

下手すれば、無茶な住宅ローンを組まされてしまって、破産してしまうかもしれません。

資金計画を他人に任せるな

ライフプランナーに資金計画を任せるのは、やめましょう!

大切なのは、自分の支払い能力は自分で責任をもって考えることです。

ライフプランとは

注文住宅を購入する際、必ずと言っていいほど、出てくる言葉が「ライフプラン」です。

お金の人生設計みたいなものです。

生活費、住宅ローン、光熱費、家電購入費、教育費、株式投資、投資信託、旅行、退職金、老後の年金など。

収入と支出のバランスを人生レベルで計算するものです。

自分の人生設計は、自分でやりましょう

今や「ライフプラン シミュレーション 自作」で検索すれば、いくらでも先人のシミュレーション(エクセルフォーマット)が見つかります。

それを応用して、自分専用のライフプランを作りましょう。

それじゃ正確ではない!不安だ!とか思う方もいるかもしれませんが、ご安心ください。

そもそも、長期的な計画なんて途中で破綻するに決まっています。

ライフプランは数年ごとに見直しながらやっていくものです。

お近くのライフプランナーは皆んなグルです

注文住宅を探している時期に紹介されるライフプランナーは全員グルです。

その人は元大手ハウスメーカー勤務の営業マンだったりします。

なので、誰が相談しても「住宅ローンは支払い可能です!」となります。

「それよりも保険入りませんか?」とか言われる始末です。

結果、注文住宅を購入して破産しても、誰も助けてはくれません。

自分の身は自分で守るしかないのです。

住宅展示場へ行く

住宅展示場に行く客は「カモ」です

皆さん「住宅業界の闇」はご存知でしょうか。

住宅展示場という場所は「住宅業界の闇」そのものです。

大手のハウスメーカーの営業マンは日々、厳しいノルマに追われています。

その中でお客様に真摯に向き合って、良い家を建ててあげようと思っている人は少ないです。

はっきり言って、大手のハウスメーカーの営業マンは全員、売上至上主義です。

そんな数字だけを追い続けている営業マンが集まっている場所、それが住宅展示場です。

ゆえに、住宅展示場に行く客は「カモ」なのです。

住宅展示場で待っている悲劇

事前にある程度、注文住宅の勉強をしていたとしましょう。

その結果、住友林業、積水ハウス、大和ハウス、パナソニックホームズなどで家を建てたい、と思ったとします。

そして、ちょっと実物を見てみようと思って、住宅展示場に行きました。

実際、住宅展示場にあるお家はどれも素敵ですよね。

目当ての住宅展示場を見終わった後、決まってアンケートをとっています。

そのアンケートに名前を書いてしまったら最後、あなたの担当はその人です。

一度、決まった担当者は、残念ながら変更できません。

注文住宅は「担当者が大切」であるというのは、多くの方が言っていることです。

その担当者が、たまたま、住宅展示場に行った、という理由で決定してしまいます。

一握りの優秀な営業マンが、あなたの担当者になる可能性、結構小さいですよ。

優秀な担当者は紹介で手に入れられる可能性がある

どこのハウスメーカーで家を建てるにしても、優秀な営業マンを紹介してくれる人は、世の中にたくさん存在します。

それは、家ブログ、X(Twitter)の家垢、住宅系のYoutuber、Instagramの家垢をやっている方々です。

自分が素敵だな〜と思う家を建てた施主に、営業マンを紹介して貰えば良いのです。

当たり前ですが、同じような素敵な家が建てられます。

または、そういった家づくりに力を入れているインフルエンサーに、営業マンを紹介して貰うのが良いでしょう。

私も積水ハウスの営業マンであれば、紹介できます。

工務店、設計事務所という選択肢が見えていない

住宅展示場にあるのは、大手ハウスメーカーです。

工務店や設計事務所は、そこにはありません。

大手ハウスメーカーは値段が高い割に、性能は低いです。

大手ハウスメーカーより値段が安くて性能が良い工務店や設計事務所はあります。

それを知らずに、家づくりを進めてしまうと、後から後悔します。

住宅展示場に行く前に、家づくりについて情報収集をしましょう。

家づくりの勉強をせずに会社を選ぶな

ハウスメーカー選び、工務店選びを間違えますよ

家づくりについて、きちんと勉強しないと、選ぶ会社を間違えます。

性能が大事だと思っているのに、全く性能が得意でない会社に頼むことになってしまいます。

そんな人を、たくさん見てきました。

簡単にダマされる

そりゃ、そうですよね。

家づくりについての知識がなければ、簡単にダマされてしまいます。

床暖房があるから冬でも暖かいですよ!

って、言われると、そうなんだと思うかもしれません。

実際は、床暖房なしで冬でも暖かい家はつくれます。

床暖房ありで暖かい家、床暖房なしで暖かい家、どっちがいいですか?

プロの営業マンなら、家づくりについて勉強していない相手なら簡単にダマすことができます。

理想の家にはならない

・地震に強い家にしたいなら、耐震強度の計算方法を知っていますか?

・高断熱高気密にしたいなら、鉄骨と木造はどちらが良いか知っていますか?

・軒が無いと、ものすごいデメリットがあるの知っていますか?

・住み心地は足元から、では、無垢床ってどんなものか知っていますか?

・ホテルライクにしたいなら、建築家照明を知っていますか?

「はじめて家づくりをする人」は全て素人です。

ですから、家に関する知識は無いに等しいところからスタートします。

ベースとなる知識がなければ、本来、理想を描くことすらできないのです。

にもかかわらず、ちょっと住宅展示場を周っただけで、その気になってしまう。

ちょっと、Instagramを見ただけで、その気になってしまう。

そうして皆んな失敗するのです。

ちゃんと家づくりの勉強をしなければ、理想の家に辿り着くことができません。

まずは第三者に相談しましょう

近くに相談できる人はいますでしょうか?

もし、やっちまったな!と感じた時は、両親や兄妹にまずは相談しましょう。

一度、立ち止まって、冷静に考えることが大切です。

くれぐれも、焦って話を進めないように気をつけてください。

公式LINEから、いつでも相談を受け付けています

資金計画、ハウスメーカー選び、工務店選びなど、私でも相談にのることができます。

もしよければ「家はじへ相談」からご連絡をお待ちしています。