家とお金のこと

注文住宅の本当の値段を公開します

家とお金のこと

皆さんは注文住宅を建てるのに、いくら必要だと考えていますでしょうか。

2,000万円であれば、家を建てられると思いますでしょうか。

3,000万円であれば、良い家が建てられると思いますでしょうか。

私は工務店とも契約し、大手ハウスメーカーとも契約した経験があります。

結論から言うと、普通の家を建てるために、最低でも3,000万円は必要です。

坪単価は意味がない

坪単価ってどう算出されているの?

皆さんは、坪単価の “有名な” 計算方法は以下です。

問題はこの「建物価格」です。

坪単価に意味がない理由

建物の本体価格は、本当の家の値段ではない

これが最大の問題です。

注文住宅は、カーテン、上下水道工事、地盤改良、外構工事、登記費用、火災保険、印紙代、などなど、家そのもの以外にもお金が掛かります。

上記の色々で、普通に400万円くらいは掛かります。

しかし、それらは建物価格に含めなくても良いのです。

建物価格に消費税が含まれていない場合もあります。

そんな価格に意味なんてありますか?いくらでも安く見せられます。

家の大きさで坪単価は変わる

建てる家の大きさは人によって違いますよね。

25坪くらいの小さい家を建てる人もいれば、40坪の大きい家を建てる人もいます。

でも、単世帯なら、玄関、キッチン、お風呂は1つですよね。

家が大きくても、小さくても、単世帯なら、それは同じです。

300万円のキッチンは、25坪の家であれば、坪単価12万円の価値があります。

300万円のキッチンは、40坪の家であれば、坪単価7万5,000円の価値になります。

このように、家の大きさの違いによって、坪単価は左右されてしまいます。

つまり、家が大きくれば、坪単価は小さくなります。

家が小さくなれば、坪単価は大きくなります。

建てようとしている家の大きさで坪単価は変わるんです。

坪単価は意味がない

どうでしょうか。

この計算式のヤバさに気づいていただけましたでしょうか。

建物の本体価格は家の本当の値段ではないし、家の大きさも人によって違う。

分母も分子も当てにならない計算式に、いったい何の意味があるのでしょうか。

まず、坪単価を参考にすることはやめましょう。

全国平均

全国平均の住宅ローンの借入額

住宅金融支援機構が発表しているデータがあります。

フラット35の借入金額の調査結果です。

建物のみの場合で、全国平均は3,572万円です。

建物と土地の場合で、全国平均は4,455万円です。

全国平均の住宅面積

みんな、どれくらいの広さの家を建てているのでしょうか?

それも掲載されています。

建物のみの場合、全国平均は123.8㎡なので、37.4坪です。

建物と土地の場合、ちょっと小さくなって、全国平均は111.4㎡なので、33.7坪です。

既に土地を所有している人は、平均37で、坪大きい家を建てています。

土地から探す人は、家にかけられるお金が減りますので、33坪の家になっています。

全国平均の坪単価

これが、日本における、本当の平均坪単価です。

坪単価にあまり意味はないですけど、全国平均値は知っておいて損はないです。

全国平均で坪単価95.5万円です。

どうでしょう?家ってめっちゃ高くないですか?

ただ、あくまで平均値ですので、一部の人が億単位の家を建ててしまうと、一気に平均を押し上げてしまう可能性があります。

まあ、その可能性を加味したとしても平均坪単価85万円以上なのではと推測しております。

注文住宅はそんなに安くない

住宅ローンのリアルな借入額を見ると、結構ビビりますよね。

全国平均でも、これだけ高額な住宅ローンを組んでいるのです。

注文住宅はそんなに安くありません。

自分の身は自分で守るしかない

目の前の担当者を信じるな

ハウスメーカーや工務店の見積もりを見るときは注意してください。

計上されていない項目があると、あとで結局、追加費用になります。

目の前の担当者は、なるべく低い金額で契約させて、あとで金額追加しちゃえば良い、全員がそう思っていると考えて間違いないです。

中には親切な担当者もいて、正直な金額を提示してくれたりしますが、そんな期待はやめましょう。

自分の身は自分で守りましょう。

注文住宅の内訳

内訳は覚えなくて良いです。

ハウスメーカーや工務店から見積もりを提示されたら「何が含まれていないか」確認しましょう。

先回りして、プラスでいくら必要になるか把握しておくことが大切です。

建物本体価格

躯体工事:基礎、構造躯体

外部工事:屋根、外壁、玄関、窓

内部工事:床、壁、天井、ドア、収納

設備工事:キッチン、風呂、トイレ、洗面台、照明、換気システム

付帯工事費

太陽光発電、蓄電池、HEMS、屋外給排水工事、外構工事、地盤改良工事、エアコン工事、カーテン工事、など・・・

諸経費

設計報酬、印紙代、水道分担金、登記費用、火災保険、住宅ローンの保証料、など・・・

住むために必要なお金

家具、家電、引越し費用

本当の家の値段を晒します

条件

値段を晒すには「どんな建物か」条件が必要です。

一般的に、4人家族で家に住む場合、3LDKの30坪くらいあれば十分足ります。

・建物30坪(2階建)

・付帯工事費用込み(太陽光発電、外構工事、屋外給排水工事、カーテン工事、エアコン工事)

・諸経費込み(設計報酬、印紙代、水道分担金、登記費用、火災保険、住宅ローンの保証料)

だいたいこれくらいの価格帯です

理想の家を建てようとした場合、これくらいします。

・普通の工務店:2,800万円〜3,300万円

・ハウスメーカー(middle):3,000万円〜4,000万円

・スーパー工務店:3,500万円〜4,000万円

・ハウスメーカー(high):4,000万円〜5,000万円

上記にオプション費用を足した金額が、だいたいの総額となります。

インターネットで検索したら、リアルな見積が公開されています

今は良い時代になりました。

インターネットで検索すれば、ハウスメーカーの見積もりなら、たくさんの人が公開してくれています。

自分が建てようとしているハウスメーカーで、同じ家の大きさで、総額どれくらいか、調べればすぐにわかってしまいます。

一方、工務店の見積は公開されていないことが多いです。

公式LINEで相談を受け付けています

注文住宅の値段を考えた時に、どういった会社が合っているのか、ある程度、方向性が出せます。

「世帯収入からいくらの注文住宅が買えるのか予測すること」を「資金計画」と言います。

「資金計画」はその辺のライフプランナーに相談してはダメです。

みんな、ハウスメーカーの営業マン、保険屋さん、不動産屋さんと繋がっています。

自分で資金計画は立てましょう。

難しいし、面倒くさいな、という方は「家はじへ相談」からご連絡をお待ちしています。