家とお金のこと

年収630万円以下なら注文住宅はやめとけ!

家とお金のこと

誰も本当のことを言わないので、私が言うしかありません。

年収が低い人は注文住宅を建ててはいけません。

身の丈に合わない住宅ローンは家族を不幸にします。

生活費、学費、資産形成

注文住宅は人生の支出と向き合うことから始まります。

4人家族の生活費は毎月30万円

総務省の家計調査によると、4人家族の生活費は毎月30万円程度になるそうです。

現在、私は妻と息子(1歳児)の3人家族で暮らしていますが、生活費は毎月25万円〜28万円程度で推移しています。

外食は月に2回〜3回程度で、そこまで贅沢な暮らしはしていません。

4人家族なら生活費が毎月30万円程度になるというのは、なるほど、妥当な数字かなと思います。

もちろん、しっかり節約すれば、4人家族の生活費は25万円程度まで抑えることがきます。

ですが、私はそこまで窮屈な暮らしはしたくないと考えてしまいます。

子供の学費

学費は高いですね。

中学受験をするなら覚悟が必要です。

私の子供には高校受験をさせてあげようと考えています。

大学は、私立理系を前提に考えています。

その場合、子供の習い事(小学生)、学習塾(中学生〜高校生)、入学金(私立高校、私立大学)、学費(私立高校、私立大学)、大学生の仕送りなどを考えると、1人当たり1,500万円〜2,000万円程度は見ておく必要があります。

子供が2人で計算すると、3,000万円〜4,000万円が学費に費やされる計算です。

月々の生活費30万円に加えて、学費が3,000万円〜4,000万円です。

資産形成(貯蓄)

現行の年金制度を維持するのは困難でしょう。

もらえる年金は確実に減ると思っておいた方が良いです。

ゆえに、老後のための資産形成(貯蓄)をしないといけません。

私たち夫婦はNISAをやっています。

年間にすると合計80万円をNISAで投資しています。

手取り年収はいくら?

注文住宅を購入する予定なら、年収を額面で考えてはいけません。

手取り年収で計算しましょう。

手取り年収を確認しましょう

まずは、年収ではなく「手取り」がいくらであるか確認しましょう。

年収月々の手取り収入
460万円30万円
540万円35万円
630万円40万円
710万円45万円
800万円50万円

社会保険料(給与税)、所得税、住民税によって、手取り収入は激減します。

手取り収入を上げるためには、年収はかなり上げなければいけません。

日本人の正社員の平均年収と中央値

実際に日本で働く正社員の平均年収は403万円です。

全体の中央値は350万円です。

平均は1,000万円以上の高年収によって、押し上げられています。

年代ごとの平均年収と中央値

30代男性の平均値は474万円、40代男性の平均値は562万円、50代男性の平均値は658万円です。

4人家族で注文住宅を購入できる年収とは?

4人家族で豊かに暮らすための年収は?

4人家族で子供2人は高校受験、私立高校、私立大学理系と仮定します。

・月々の生活費30万円

・学費が3,000万円〜4,000万円

・NISAで年間80万円

上記を満たす年収はいくらでしょうか?

ざっくりですが、このくらい必要です。

・30代は手取り30万円 → 年収460万円

・40代は手取り40万円 → 年収630万円

・50代は手取り50万円 → 年収800万円

これに届かない場合、生活費を節約したり、奥さんはパートで働いたりしないといけません。

子供2人を大学に通わせるだけで精一杯です。

注文住宅の値段は?

注文住宅は安く建てようと思えば、2,000万円でも建ちます。

ですが、それは推奨しません。

やはり、3,000万円程度の高性能住宅でなければ、注文住宅の意味がありません。

注文住宅の本当の値段については以下の記事を読んでください。

4人家族で注文住宅を購入できる年収とは?

3,000万円の注文住宅を買う場合、35年ローンで金利が0.5%とした場合、月々の支払いが8万円くらいです。

よって、注文住宅の維持費を毎月2万円程度とすると、毎月10万円の支出が増えます。

すると「人家族で注文住宅を購入できる年収」以下のようになります。

・30代は手取り40万円 → 年収630万円

・40代は手取り50万円 → 年収800万円

・50代は手取り60万円 → 年収980万円

どうでしょう?

30代で年収630万円は到達しますか?

40代で年収800万円は到達しますか?

50代で年収980万円は到達しますか?

残念ながら、ほとんどの日本人が到達しません。

年収630万円以下なら注文住宅はやめとけ!

ここまで説明して、やっとタイトルが回収できました。

30代で年収630万円以下なら、子供の学費で精一杯なはずなので、注文住宅はやめておきましょう。

注文住宅は子供の学費を削ってまで買うものではありません。

ちなみに、注文住宅3,000万円とは建物だけの値段ですので、土地も買うとなるともっとかかります。

統計上、日本人の正社員の90%が注文住宅を買えない計算です。

注文住宅を買える条件

実際は、以下の条件を満たしている人は注文住宅を購入することができます。

共働き

1人の稼ぎでは困難ですが、2人の稼ぎなら、合計で1,000万円以上の収入も目指すことができます。

ただし、奥さんはパートではなく、がっつり正社員で働く覚悟が必要でしょう。

共働きで家事や育児を上手にこなせますでしょうか。

親が金持ち

土地がすでにある。贈与が見込める。

素晴らしいアドバンテージです。

羨ましい限りです。

普通に高年収

20代、30代であっても、稼いでいる人は稼いでいます。

心から尊敬いたします。

公式LINEから相談をお待ちしております

上記の条件を満たしながら、より良い家を建てたいと考えている方は、ご相談をお待ちしております。

住宅業界は闇だらけです。

大手ハウスメーカーなら良い家が建つとは限らないです。

数々の地雷を回避して、はじめて、理想の家が立ちます。

一生に一度の買い物で失敗したくない方は、「家はじへ相談」からご連絡をお待ちしております。