家の性能とは

家の断熱性能について

家の性能とは

今回の内容は🔰初心者向き🔰です。

これから、はじめて家づくりをするよ〜、って人に向けて書いています。

なので、難しい話はいっさいしていません。

家の中が寒いと健康に悪い

そもそも、なんで断熱性能が必要なのか?

大切なのが「健康」というワードです。

家で過ごす時間は人生の大半を占めると思います。

寝て、起きて、ご飯を食べて、テレビを見たりして過ごしますよね。

その1日の大半を過ごす家の、たとえば空気の綺麗さだったり、温度だったり、湿度だったり、そういった家の環境が体に及ぼす影響は、とっても大きいんです。

そして、最新の研究では「家の中が寒いと健康に悪い」ことが判明しています。

室内温度は◯◯℃以上に保たなければいけない

いきなりですが、みなさん、質問です。諸外国、イギリス、ドイツ、スウェーデン、そしてアメリカ(これは一部の州ではありますが)、こういった先進諸国では、とあるルールが家を作るときに定められています。

このルールが守れなければ、家やマンション、賃貸は作ってはいけません。

さあ、そのルールとは「室内温度は◯◯℃以上に保たなければいけない」というものですが、何度かわかりますでしょうか。

正解は「18℃」です。

生活のイメージとしては、夜、寝る前にエアコンをつけて、朝起きて、リビングにいったら18℃です。みたいな感じです。これが18℃より下回っていたら、「おい!ふざけるな!」となるわけです。

信じられますか?これが、いわゆるグローバルスタンダードです。

イギリスの保健省が発表した研究結果

5℃を下回ると「死亡率が増加するレベルで危険」、まあ、これは、そうですよね。

5℃って、東京の真冬の平均気温くらいですから、ずっと外にいたら、危険ですよね。

部屋の温度が16℃を下回ると、呼吸器系疾患に対する抵抗力が低下するとされています。呼吸器系疾患は、風邪、インフルエンザ、気管支炎、肺炎、喘息などです。だから、インフルエンザは冬に流行するんですね。

18℃を下回ると、血圧上昇、つまりは、循環器系疾患のリスクが高まります。血圧が上昇すると、当然、心臓にも負担がかかります。18℃を下回るだけで、人体に悪い影響を与えているということです。

それゆえに、家の室内温度は18℃以上に保たなければいけない、というルールが先進諸国においては、課されているんです。

家が寒いと健康に悪いから、家の断熱性能を上げましょうね

家づくりでは、本質的な理解が大切になります。これが、ダマされない秘訣です。

決して、国の基準が変わったから、断熱性能が必要になったわけではないのです。(※2022年10月に新しい断熱等級が追加されています。)

ハウスメーカーの営業マンに聞いてみてください。

「標準仕様で家を建てた場合、寝る前にリビングの暖房を切ると、朝って何℃くらいになってますか?」

間取りによります、日当たりによります、とか言って、まともに答えてくれないでしょうね。

うちは15℃以上ですよ!と答えてくれたら合格です。

断熱性能の基準について

断熱性能って、なんか分かりにくいですよね?

その理由を説明します。

基準がたくさんあるからです。

省エネ区分、断熱等級、ZEH、HEAT20、Ua値、これで全部です。

これらの関係を理解していると、迷わなくなります。

この後の内容を読んでもらえれば、もう何も怖くないです。

省エネ区分

これは、日本地図を色分けしたものになります。

寒い地域から暖かい地域まで、青い色から赤い色に、それぞれ色分けされています。

北海道は1,2の地域、東京は5,6の地域、大阪はほとんど6地域、鹿児島までいくと7地域となります。

自分の住んでいるエリアが、どの区分に属しているか、確認しましょう。

ちなみに、イギリスのロンドンの気温は冬場は東京都と同じくらいで、夏場は東京よりも涼しいです。

そんなロンドンでも、室内の最低気温は18℃以上にしなければいけないという、ルールが存在しています。

断熱等級、ZEH、HEAT20

この3つを一気に説明します。

断熱等級、ZEH、HEAT20は、誰かが決めたルールにすぎません。

断熱等級やZEHというのは国が定めたもので、HEAT20というのは、日本の民間機関が定めた基準です。

そして、それぞれの等級を横並びにしたのがこちらです。

私が勝手に「目標ライン」と「最低ライン」を決めています。

これは多くのインフルエンサーの発信内容を、私が総合的に判断した結果です。

断熱性能に関して「断熱等級5、ZEH基準は最低ライン」と覚えておいてください。

そして、お金に余裕があれば、断熱等級6、HEAT20のG2のラインを目標にすることをお勧めします。

もちろん、それ以上の断熱等級7、HEAT20のG3レベルでも構いませんが、すごくお高くなりますよ。

Ua値

断熱性能を数値化するときは、このUa値を用います。

Ua値とは「家の熱が外にどれくらい逃げるか」を数字にしたものです。

具体的に、簡単な絵で説明したいと思います。

Ua値が低いほど、家の熱が外に逃げない、つまり、家が暖かくなるということです。

まとめの表

住んでいる地域によって必要な断熱性能のUa値は変わります。

地域区分1の北海道、地域区分6の鹿児島県では、気温が全然違いますからね。

それを表にまとめてみました。

青が最低ライン、赤が目標ラインです。

もう、何も怖くないはずです

ハウスメーカーの営業マンに「うちは断熱性能が高いですよ〜」と言われても、何も感じないでくださいね。

上記の最低ラインを超えているかどうか、が大切であり、あとは、お金さえ積めば、いくらでも断熱性能はあげられます。

でも、そこはトータルのバランスというのがありますから、あくまで、最低ラインだけは知っておいてください。

断熱性能を極めた家づくり

さあ、ここからが本題です。

パッシブハウス

これはもう、究極ですね。

日本にはPHJ(パッシブハウスジャパン)という機関がありまして、もともとはドイツが起源になるのですが、環境に配慮したエコな家づくりの最終系を目指しているようなところです。

冬は、昼間に太陽の光を取り入れて、その取り入れた熱を蓄熱して、夜に放出して、朝まで暖かい。朝になれば、太陽が昇り、それによってまた家が温められる。

夏は、窓を開けるだけで風が通るので涼しくて快適です。

暖房も冷房も使わない、めちゃくちゃエコな家づくりです。

自然の力を最大限に活用した、家づくりの最終形態が「パッシブハウス」です。

もちろん、お値段は高いですけどね。

床下エアコン 屋根裏エアコン

床下エアコンとは、床の下にエアコンを設置して暖房をつけます。

すると、床下が温められて、温められた空気が上に昇ってきます。

それで、家全体を温めるという技術です。

屋根裏エアコンは、それの夏バージョンですね。

屋根裏にエアコンを設置して、冷房をつけます。

冷えた空気は、下へ下へと進む性質があります。それによって、家全体を涼しくすると言った技術です。

これが実現できると、エアコン2台で全館空調が実現されます。

しかも、30坪程度の家ならば、このエアコンが、6畳用エアコンでOKっていうんですから、驚きですね。

ただし、この「床下エアコン」「屋根裏エアコン」という新しい仕組みは、かなりの高い施工技術が要求されますので、できる工務店は限られます。

エアコン1,2台で全館空調(仕切らない間取り)

これは、そんなに難しい話ではなく、単純に、間取りを工夫するだけです。

LDK、洗面脱衣、玄関などの空間の仕切りをなくせば、いいだけです。

ドアを開けっぱなしにする、でも良いです。

または、子供部屋や寝室の仕切りをなくしてしまったり、ドアを開けっぱなしで空間が繋がっているような間取りにすれば、いいのです。

空気が流れやすいような間取りにさえしておけば、エアコンの空気が全部の部屋に行き届きますよね。

ただ、私は仕切らない間取りは嫌なのでオススメしませんけどね。

だから、全館空調はやめておけ

よく工務店社長系のYoutuberの方々が、全館空調はやめておけ、と言います。

それは、こういうことです。

そんな全館空調なんて高価なもの、メンテナンスが必要になるものなんて、導入しなくても、エアコン1台で出来るじゃん!って話です。

ここまでの話を聞いたら、そうだよな、と思いませんか?

断熱性能は結局どうしたらいいですか?

オススメの断熱等級

私は、お金がかかるので、断熱性能は極めなくても良いと思います。

オススメは断熱等級6(HEAT20 G2)です。

最低でも断熱等級5(ZEH基準、HEAT20 G1)にしましょう。

今回の話題で触れていないこと

私は下記の要素について勉強していて、何が良いかの考えは持っています。

・窓、サッシは何が良いか

・基礎断熱か、床下断熱か

・付加断熱、ダブル断熱はいるか

・天井断熱か、屋根断熱か

・断熱材は何が良いか

・EUで禁止された断熱材(イソシアネート含む)が日本で使われている件

しかしながら、こんなこといちいち気にしていたら、ハウスメーカーや工務店は選べなくなります。

仮に全部を勉強したとして、その全ての条件を満たす会社は存在しないです。

なので、Ua値でどれくらいを目指すか、施主の知識はその程度で良いと思っています。

公式LINEで相談をお受けします

工務店には工務店の良さ、大手には大手の良さというものが存在します。

私はその両方を施主として体験しています。

だからこそ、中立的な視点でアドバイスができると思っています。

もしよければ「家はじへ相談」からご連絡をお待ちしています。