家の性能とは

家の耐震性能について

家の性能とは

日本の家づくりで最も大切なことが耐震性能です。

毎年のように小さな地震が発生します。そして、時には大きな地震も発生します。

それに耐える家づくりにしなければ、長く住むことはできません。

この記事を読んで、どこまでの耐震性能が必要か考えてください。

構造計算について

構造計算は1つじゃ無い・・・

「はじめての家づくり」をする人でも、耐震等級3という言葉は聞いたことがあると思います。

耐震等級1、耐震等級2、耐震等級3とあって、一番強いのが耐震等級3です。

耐震等級1の1.25倍の強さが、耐震等級2です。

耐震等級1の1.5倍の強さが、耐震等級3です。

ここまでは、有名なお話です。

でも、耐震等級の計算方法は実は3種類ある、ってことは知らないと思います。

構造計算は3種類ある

下記の図を見てください。

  • 【壁量計算】壁の量を計算して耐震性能を割り出す手法です。この計算では、耐震等級1までしか保証されません。ただ、壁の量を増やしても、確かに地震に対して強くはなりますが、耐震等級2相当、耐震等級3相当という呼び方になります。
  • 【性能表示計算】住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)で「住宅性能表示制度」が定められています。第三者の専門機関が住宅の性能を評価し、購入者に分かりやすく表示する制度です。そこで用いられている計算手法が性能表示計算です。壁の量以外にも色々と考慮した上で、耐震等級3が保証されます。
  • 【許容応力度計算】最も精密な耐震等級の計算方法です。性能表示計算より細かく、柱や梁の1本1本の耐久力までも計算します。この計算方法で出した耐震等級3が “計算上” 最も強いです。

どんな計算方法ですか?

耐震等級3相当というワードを聞いたら「怪しい」と思ってください。

耐震等級3と聞いたら、安心して大丈夫です。

耐震等級3なら、性能表示計算でも、許容応力度計算でも、地震には十分強いです。

より地震に対する強さを求めるなら、許容応力度計算が良いです。

耐震 制震 免震

地震に対する防御策は3通り

【参考】【構造塾#17】だいたい間違っている免震・制振・耐震

耐震 免震 制震 どれが良いか?

結論だけお伝えします。

  1. 耐震・・・家が倒れないようにするための前提、絶対に必要
  2. 制震・・・おまけ程度
  3. 免震・・・大型の建造物、ビルなど、戸建てには不向き

つまり、耐震だけで良いということです。

なお、新しい技術「制振」が注目されています。

×制震 ○制振

耐震性能は日々の小さい地震で徐々に劣化していきます。

それを防ぐのが制振装置です。

注意して欲しいのは「制震」ではなく「制振」です。

「震」の字を使う「制震ダンパー」は、大きな地震の揺れに対してのみ反応し、そのエネルギーを吸収します。

言い換えれば、小さな揺れには反応しないということです。

「振」の字を使う「制振ダンパー」は、(メーカーによって性能は異なりますが)わずかな揺れから反応して建物へのダメージの蓄積を防ぐことができます。

evoltz」の制振ダンパーが有名です。

家の耐震性能を長く維持するために、耐震等級3のその先を求めるなら、耐震等級4を目指すよりも、「制振」がオススメです。

間取りと耐震性能はトレードオフ

どんな間取りも出来る訳ではない

地震に強い家にするためには「柱」や「耐力壁」がたくさん必要です。

ですので、極端なことを言えば、耐震等級3を目指すなら、自由な間取りは出来ないということです。

特に許容応力度計算での耐震等級3を目指しながら、広い空間を作る場合、何らかの工夫が必要です。

これは、全ての木造ハウスメーカー、全ての工務店で、全く同じ条件です。

めちゃくちゃ広いLDK(20帖以上)の空間を作るために、みんな、色々と無理をしてるってことです。

地震に強い間取り

壁が多いほど地震に強いです。

家の形が正方形に近づくほど強いです。

2階建ての場合、総2階が強いです。

壁の直下率(1階と2階で同じ場所に壁がある)は高い方が強いです。

施主の理解が必要

このように、地震に強い間取りというのはルールがあります。

どこで家を建てようと、木造住宅で耐震等級3にするなら、間取りに制約があることは当然です。

施主はこのことを最初に理解しておく必要があります。

地震のリスクをどう想定するか

地盤サポートマップ

土地探しの際に「地盤サポートマップ」を確認しましょう。

住む土地が弱かったら、どうしようもありません。

耐震等級の前に土地の安全性が重要です。

熊本地震(震度7が2回きた)

耐震等級3の建物でどの程度の被害が出たか見てみましょう。

これを見ていただければ、耐震等級3のすごさが分かります。

耐震等級3では倒れないが、ちょっと壊れる

熊本地震では16棟の建物が耐震等級3でした。

そのうち無被害が14件、軽微・小破が2件です。

耐震等級3でも、ちょっとヒビが入ったりしちゃうんですよね。

地震の後のフォローが大切

地震が発生した後、家の状態が問題ないか点検して、必要に応じて補修する必要があります。

大手ハウスメーカーでは、そのあたり、迅速に対応してくれる会社もあります。

被災していない地域からの応援ができるからです。

一方、地元の工務店で家を建てた場合、地元の工務店も被災者です。

そういったところで、大手ハウスメーカーのアフターフォローは安心ですね。

結局、耐震性能はどれくらい必要?

結論

私が考える耐震性能の結論はこれです。

  • 地盤の強さを「地盤サポートマップ」で確認
  • 耐震等級3(性能表示計算 or 許容応力度計算)は必須
  • 耐震等級3を確保するために間取りが制約を受けるのは仕方ない
  • 制振装置はあったらいいな
  • もしもの時に来てくれたらいいな

震度7でも耐えられる耐震等級3は必須です。

制振装置、もしもの時、これらはあれば良いなという程度です。(選択肢が減るため

耐震性能に関する比較要素

ハウスメーカーや工務店を比較するとき、耐震等級は比較になりません。

耐震等級3は前提です。

耐震等級3でないなら候補から外しましょう。

制振装置、もしもの時のフォロー体制など、他の要素で比較しましょう。

公式LINEで相談をお受けします

私はただの施主です。

工務店推しでも、大手ハウスメーカー推しでもありません。

なるべくフラットな視点でアドバイスしています。

「はじめての家づくり」でお困りの方は「家はじへ相談」からご連絡をお待ちしています。