家の性能とは

家の換気システムについて

家の性能とは

2003年の建築基準法改正より、全ての建造物に24時間換気システムを設置することが原則として義務付けられました。

当時の住宅ではシックハウス症候群などの健康被害をもたらす事例が多発していました。

主に建材や家具などから発せられる有害な化学物質が室内に充満していたことが原因です。

それを防ぐため、24時間換気システムの設置が義務化されたのです。量

全ては、住む人の健康を守るためです。

2003年以降に建てられた建物に住んでいる方は、室内に換気システムのファンがあるのを見たことがあると思います。

24時間換気システムは家の中の空気の良し悪しを決定する重要な設備です。

どんな種類があって、どれを選ぶべきか、考えたいと思います。

第三種換気システムと第一種換気システム

第三種換気システムと第一種換気システムの違い

第三種換気システムは、排気のみ機械で行います。

家の中の空気が排気されると、どこからか空気を家に入れないといけませんので、給気口という穴を用意しておきます。

そうすると、給気口はから自然に外の空気が入ってくるようになります。

第三種換気システムは、自然給気、機械排気です。

第一種換気システムは、給気と排気を両方とも機械で行います。

どちらを選ぶべきか?

第一種換気システムです。

ただ、空気を入れ替えるだけであれば、第三種換気システムでも問題ありません。

第一種換気システムを選ぶべき理由は、熱交換が出来るからです。

例えば、真冬を想像してみてください。

家の中の空気と、家の外の空気を入れ替えてしまったら、家の中が寒くなってしまいますよね。

そうならないようにするのが、熱交換機と呼ばれるものです。

熱交換機

熱交換という仕組み

熱交換機は第一種換気システムにしか付いてません。

第一種換気システムの熱交換という仕組みは、下記の図のとおりです。

室内が20℃、外気が0℃だったときに、そのまま0℃の外気を家の中に入れるのではなく、16℃の温かさにしてから、家の中に外気を取り込んでいます。

上記の図では、湿度も失わないまま、外気を取り込んでいます。

顕熱式、全熱式

ちょっと、ややこしいですが、この熱交換機にも2種類あります。

全熱式の方が良い」とだけ覚えておいてください。

顕熱式

温度だけを交換する。

全熱式

温度と湿度も交換する。

ダクト式とダクトレス式

ダクト式

さあ、換気システムの本題はここからです。

まずは、ダクト式の説明をします。

ダクト式とは、家中に配管(ダクト)を張り巡らせて空気を送り届ける方式です。

天井給気型、ダクト式、一種換気システム

給気型とは、家中に給気のダクトを回しているものを指します。

排気口(空気を吸い上げるところ)は1箇所のみです。

特徴としては、排気口周辺の温度が家全体に影響しやすい、ということです。

例えば、廊下に排気口があった場合、廊下の温度管理ができていないような家だと、冬には寒い空気と、夏には暑い空気を、家中にばら撒いてしまうので、温熱環境としては悪くなります。

逆に、排気口の近くにエアコンが設置してあり、温度調整されていれば、家中にちょうど良い空気が行き渡るので快適になります。

床下排気型、ダクト式、一種換気システム

排気型とは、家中に排気ダクトが張り巡らされているものを指します。

給気口は床下空間に1箇所のみです。

各部屋の空気が排気されると、新鮮な空気が床下から家全体に広がる仕組みです。

特徴としては、床下空間を室内として扱っているので、基礎断熱がされている必要があります。

床下空間がしっかりと温度管理されていると、家全体が快適になります。

ダクトレス式

ダクトレス式とは、文字通りダクトを家の中に張り巡らさない方式です。

よって、設置方法は非常にシンプルです。

家の各部屋の壁にファンを設置するだけです。

仕組みとしては、部屋の片方のファンから外の空気が入ってきて、もう片方のファンから空気が出ていきます。

そして、上の図にもあるとおり、数十秒後にその向きが逆転します。

このファンは特殊なファンになっていて、中にセラミックが入っています。

セラミックは熱や湿度をとどめる性質があります。

これにより、外気に温度や湿度を逃さず、空気の交換ができるようになっています。

特徴として、設置は簡単ですが、ファンの音が気になる、という声をよく聞きます。

ダクト式、ダクトレス式、どっちが良い?

現時点(2023年)において、ダクト式(給気型・排気型)、ダクトレス式、どれが良いか、正解がありません。

有名な工務店社長の中でも、それぞれ、言っていることが違います。

素人目線では、誰を信じるかしかないので、これに関しては、正解は無いと言って良いでしょう。

うちは給気型のダクト式の一種換気システムですが、とても快適です。

廊下に排気口があり、その近くにエアコン(ダイキンの6畳用)を設置していて、廊下のエアコン1台で擬似全館空調状態です。

換気扇の位置はどこ?天井 or 壁 or 床

お掃除のしやすさが大事

24時間換気システムは決して止めてはいけません。

家の中の空気を常にキレイに保つためには、ずっと動き続けなければいけません。

でも、ずっと動いていると、だんだんとフィルターに埃が溜まってきます。

このフィルターの掃除は月に1回は行うよう、どこのメーカーでも言われています。

月に1回って結構な頻度ですよね。

換気扇は天井?壁?床?

換気システムによって、排気口、給気口の位置は異なります。

天井面に換気扇が付いていると、お掃除は大変ですね。

毎回、脚立を用意してフィルターを外さなければいけません。

これが家中に何個もファンがついていたとしたら、めっちゃ大変ですよね。

壁面に換気扇がついている場合、手を伸ばして外せる位置なら、そんなに大変ではないですね。

床面に換気扇がついている場合、取り外しは簡単です。

ただ、物を置いたりするときに、被らないようにしないといけませんね。

換気システムの掃除は忘れずに

お掃除のことも忘れずに、換気システムは選びましょう。

ただし、実際のところ、ハウスメーカーや工務店を選んだ時点で、換気システムは決まっていますので、そんなに選べる物でも無いです。

住んだ後は毎月フィルター掃除をがんばりましょう。

局所換気と負圧

局所換気とは

主にレンジフード、お風呂の換気扇、トイレの換気扇などを指します。

どれも、換気システムの換気扇とは別途、取り付けられていることが多いです。

負圧とは

例えば、料理をするときにレンジフードを回したとします。

レンジフードの排気量はとても多くて、30分もあればLDKの空気まるごと外に吐き出してしまいます。

そんなにたくさんの空気を排出してしまうと、家の中の空気が少なくなります。

これを「負圧」と呼んでいます。

負圧の注意点

家の中が「負圧」になると、困ることがあります。

玄関ドアが重くなる現象です。

夕方、キッチンで奥さんが料理をしているときに、旦那さんが家に帰ると玄関が「重い」と感じるのはこの現象です。

ただし、「負圧」そのものは健康への影響はあまりないようです。

なので、そこまで気にする必要はないかもしれません。

負圧への対策

主にレンジフードへの対策は2通りです。

・差圧式給気口を設ける。

・同時給排気レンジフードを採用する。

その他の局所換気は、あまり風量も多くないので使いすぎないようにしましょう。

特にお風呂の換気扇は回さなくても、換気計画がしっかりしてれば、換気システムによって自然と空気を循環させることができます。

優れた換気計画を

換気計画は優先度高い

家づくりにおいて、換気計画の優先度はめちゃくちゃ高いです。

耐震、断熱、気密、換気計画、くらいの順番です。

換気計画は住み心地に直結します。

換気計画は難しい

換気計画は間取りにも大きく左右されます。

窓の配置、換気扇の配置、廊下や吹き抜けの配置、エアコンの配置、真冬の暖気の流れ、夏場の冷気の流れ、など考慮することはたくさんあります。

サーキュレーターや、エアバスファンといって、空気の流れ作る装置も検討した方が良いでしょう。

換気計画は自分で考える必要も

私の場合、換気計画は自分でも考えました。

どこに排気口、どこに給気口、どこにエアコン、空気の流れはどうなるか。

設計士さんに丸投げするのではなく、自分も一緒に間取りを見ながら想像して考えました。

打ち合わせの結果、何箇所か換気扇の位置、エアコンの設置場所を変更してもらったりしました。

結果、住んでみると快適です。

換気計画まで完璧にできる設計士さんは多くありません。

それだけじゃないですが、施主がカバーしないといけないこともあります。

公式LINEにでご相談をお受けします

私はただの施主です。

工務店推しでも、大手ハウスメーカー推しでもありません。

なるべくフラットな視点でアドバイスしています。

「はじめての家づくり」でお困りの方は「家はじへ相談」からご連絡をお待ちしています。